設計・加工・組立まで一貫生産の山陽精工株式会社:

ホーム > モノづくり事業 > 社長 白川寿一が春の叙勲を受章しました

社長 白川寿一が春の叙勲を受章しました

政府が4月29日付けで発表した平成21年春の叙勲において、
社長の白川寿一が、勲章の旭日双光章を受章しました。

以下、社長の白川寿一からのコメントです。

「これまで地道に取り組んできたことが評価され、
大変ありがたく思っております。弊社においては、
高温下での金属の状態変化を高画質で観察できる装置
“SMT-Scope”を世界で初めて開発した事が印象深く、
創業より46年にわたり会社の成長に関係してきたすべての人に感謝し、
今後とも地域に根差した会社を目指していきたいと思っております」

山陽精工は今後ともより高い技術を追求し、
社会に貢献できる企業を目指していきたいと思っております。
今後とも山陽精工を何卒、宜しくお願い申し上げます。

kyokuzitsu.jpg
山梨日日新聞(2009年4月29日発刊)にて掲載されました。

2009年04月29日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sanyoseiko.co.jp/mt/mt-tb.cgi/125

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)