設計・加工・組立まで一貫生産の山陽精工株式会社:

ホーム > モノづくり事業 > 計測器が新しくなりました

計測器が新しくなりました

 日々要求される精度・品質への一環として、弊社の計測器の一つである顕微鏡をバージョンアップしました。
 従来は、検査員が単独で目視するタイプの顕微鏡で、その精度を検査しておりましたが、今回導入した顕微鏡には500万画素のデジカメが搭載されており、画像としてその記録を残す事が可能になりました。これで要求されるトレーサビリティへの対応も容易になります。
 また、カメラ利用時に拡大表示する事でキズの深さ、幅、表面粗さ等の仕上がり状態を明確に見ることができるようになりました。
モニターから写し出される画像を通して加工者同士のコミュニケーションツールとして活用出来、難案件の技術的連携を図る上では、従来より格段に業務が捗る事となります。
microscope.jpg
 これら検査設備で、より高い製品精度品質を実現し、お客様のご要望にお応えしたいと考えております。
 何か御案件がございましたら、何なりとお申し付けください。

2013年10月04日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sanyoseiko.co.jp/mt/mt-tb.cgi/196

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)