設計・加工・組立まで一貫生産の山陽精工株式会社:

ホーム > 国内 > 大月市と災害時における避難所及び避難場所としての使用に関する協定を締結しました

大月市と災害時における避難所及び避難場所としての使用に関する協定を締結しました

医療機器下和田工場の建設にあたり、
下和田地区の住民のみなさまからの要望がありました避難所
及び避難場所について、この度、大月市と協定を締結しました。

大月市内に災害が発生し、またはその恐れがあるとき、医療機器下和田工場を
一時的な避難所等として、大月市の要請により、開放するものです。

地域のみなさまの安全・安心に役立てるように、会社としても、
大月市に協力していきます。

なお、協定式は大月市の広報「広報おおつき」の2018年8月号の27頁に
紹介されています。
http://www.city.otsuki.yamanashi.jp/koho/index.html

併せて、ご覧ください。

2018年08月22日

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sanyoseiko.co.jp/mt/mt-tb.cgi/245

コメント

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたとがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)