設計・加工・組立まで一貫生産の山陽精工株式会社:

ホーム > 医療 > 国内

国内:一覧

医療機器展示会に参加いたしました

下記の日程で展示・商談会が開催されました。
当社も参加いたしましたので簡単に報告いたします。



日時:2018年10月4日(木) 13:00~17:30
場所:医科器械会館セミナーホール(文京区本郷)

DSC_0005_1018.jpg

当日は朝から雨模様で、お昼になってもやや肌寒い気温でした。


DSC_0008_1022.jpg


当社は主にPainVision(知覚・痛覚定量分析装置)と
ArterioVision (循環動態表示機能付血圧計)を展示することで
自社製品の製造を下和田新工場で行っていること、
及び光学系や他の加工についても、簡単に展示を行いながら
当社の持っている保有技術及び独自技術をアピールいたしました。


保有技術・独自技術
 1 脈波解析を応用した血圧計測や動脈硬化計測(ASI)の技術
 2 神経線維を刺激せずに知覚や痛み評価が可能な電気刺激技術
 3 高精度・難削材加工
   (例:人工心臓部品、人工関節、インプラント、航空機、
    エンジン部品、宇宙・衛星用部品等)
 4 設計、加工、部品調達、組立、品質保証の一貫生産
 5 国内・海外の法規制
  (日本国薬機法、QMS省令、欧州MDD、
   21CFR Part820 (QSR 米国FDA)、CE、
   ISO13485) に精通した品質保証と製造
 6 光学、メカ、電気、画像の設計、組立調整
 7 モノづくりネットワーク「製造支援隊」での調達力


DSC_0023_1022.jpg

DSC_0026_1022.jpg

多くのお客様にご来場いただき、お話をさせていただきました。


なお、来年以降に発売予定しているArterioVision(MS-3000)は
reddot design award winner 2018 で賞をいただきました。
下記URLで確認することができます。
http://osachi.jp/jp/

| コメント (0) | トラックバック (0)

大月市と災害時における避難所及び避難場所としての使用に関する協定を締結しました

医療機器下和田工場の建設にあたり、
下和田地区の住民のみなさまからの要望がありました避難所
及び避難場所について、この度、大月市と協定を締結しました。

大月市内に災害が発生し、またはその恐れがあるとき、医療機器下和田工場を
一時的な避難所等として、大月市の要請により、開放するものです。

地域のみなさまの安全・安心に役立てるように、会社としても、
大月市に協力していきます。

なお、協定式は大月市の広報「広報おおつき」の2018年8月号の27頁に
紹介されています。
http://www.city.otsuki.yamanashi.jp/koho/index.html

併せて、ご覧ください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

PainVisionがテレビで紹介されます

TBS系列放送の「健康カプセルゲンキの時間」という番組内で、
痛みの感じ方を測定するため、弊社自社製品であるPainVisionが登場します。

番組名:健康カプセル!ゲンキの時間(TBS系全国ネット・CBC発)
放送予定日:2017年12月10日(日)7:00~7:30

興味がある方は是非ご覧ください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

山陽精工 医療機器



山陽精工 医療機器

| コメント (0) | トラックバック (0)