山陽精工は、精密な温度制御による「その場観察」で実装業界の開発スピードアップに長年貢献してまいりました。
現在、性能向上著しい次世代半導体には、新たな接合材料の開発、及び実装プロセスの検討が求められています。
そこで、SMT Scope がギ酸、水素、真空雰囲気でのフラックスレス・ボイドレス実装技術の研究をお手伝いします。

サンプルの加熱観察を 承ります。
雰囲気、温度プロファイルなどお気軽にご相談ください。

高温観察装置 SMT Scope     特殊雰囲気観察はこちら

(MAX400℃)
(MAX800℃)
(MAX1200℃)
(MAX350℃)

 

変位検出ぬれ性試験機

JIS Z 3284-4 4.5 変位検出ぬれ試験(ソルダペースト)
JEITA ETX-7412 変位法(極小表面実装部品)
 準拠