高温観察装置 SMT Scope

ガラスペーストの焼結、ろう材、めっき材の評価・解析に最適です。

 

 

 

 精密且つ再現性のある温度制御

最高800℃まで加熱可能です。昇温速度は最大250℃/min(4.2℃/sec)です。
温度プロファイルの設定は1℃、1秒単位で設定可能です(最大127ステップ)。
また、冷却速度の制御が可能です。緩やかな冷却はヒータを制御することにより行い、急速な冷却は雰囲気ガスをチャンバ内にフローすることにより行います。
追従性に優れ、再現性の良い加熱が可能です。

 揺らぎのない高倍率観察

観察系では、上部観察と斜視観察の同時観察が可能です。
4μmの解像度で、19インチモニタ上 5倍から870倍のズーム可変ができ、ろう材等 金属ペーストの観察が可能です。
チャンバ内に雰囲気気体をフローすることにより、試料の発煙や気体となった有機物を排除し、揺らぎによる画質劣化を抑止し、良質な映像が得られます。

 クリーンな加熱

近赤外線ハロゲンヒータを加熱源とし、サンプルの上面および側面は輻射熱によって加熱し、下面はステージを介した熱伝導によって加熱することにより、サンプルの均一加熱が可能です。

 多彩な加熱雰囲気

大気でのリフロー、窒素雰囲気加熱はもちろん、窒素雰囲気下での酸素濃度制御が可能です。
ギ酸、水素、フォーミングガス、及び高真空にも対応可能です。詳細はお問合せ下さい。

 画像解析と動画編集を標準装備

録画された映像は 編集ソフトによって、スピーディーに動画編集可能です。
再生画面で切出された静止画は 計測ソフトによって、長さ、角度、面積の計測が可能です。

 

 


IC封止材の加熱による変化 発煙 白色化

←MOVIEのダウンロードをご希望の方はこちらをクリックしてください
(ファイルサイズ 約2.9MB)

 

ガラスペーストの焼成過程

←MOVIEのダウンロードをご希望の方はこちらをクリックしてください
(ファイルサイズ 約2.2MB)

 

 

SK-8000 (MAX800℃タイプ)

 

カテゴリー

Tags